病気は豊かな食生活がもたらすもの?


004

約1700年前から稲作文化が伝わって、

お米を主食として食べるようになった日本。


戦時中の食料事情に比べると

現在の日本には美味しいものが

身近に手に入るようになりました。



しかし、今の日本人には

 

特に戦前にはあまり見なかった病気


アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー、生活習慣病


などで悩む人が急増しています




 

そもそも生活習慣病など、健康にな食生活を維持しようとしてても

病気になるなんておかしな話です。



また、糖尿病や痛風高脂血症心筋梗塞などの病気も増え、

ガンも年々増えています。



最近では、SNSなどの普及により、個人レベルでの横のつながりで情報が入るようになり、

 

「今の食生活は本当正しいのだろうか?」

 

と、疑問を持つ方が増えたように思います。

 

また、

「欧米化してしまった食事が原因なんだ!」


「日本人は日本人らしくその土地の食材を食べよう!」


と、食べ物への気付きを得ている方も多く


「玄米菜食を中心とした健康食」を広げる運動など


健康に対する意識が変わってきていると感じます。


そんなタイミングだからこそ、

より 原点に返って、自分自身の食生活を振り返り

祖先の食べ物歴史を学び、自分たちの体に本来合った健康な身体を作る食事

を考えて摂ることが未病への大切なことではないでしょうか?

自分の体をつくる食べ物を今一度振り返ってみましょう(^_^)

 

 

 

まんぷくむすびは、東京都23区を中心に、24時間、美味しいおむすび、美味しいお弁当をお届け・宅配しつつ、

更なる皆さまの楽しい食事のひと時を、朝食、ランチ、夕方の食事はもちろん!

会議やセミナーのときでもお手伝い・お役立致します!

朝食、夜食、ランチ、会議、各種イベントなど、美味しいおむすび食べて、元氣な日々を過ごしませんか?(^^)