「やっぱり減塩がいい!」は間違え!?



今日はお塩について♪


最近、買い物をしているとよく「減塩」という言葉が目に入ります。
「この商品は塩が少ないから健康にいいですよ!」と言いたいのだと
思いますが、そもそもお塩って少ない方がいいのでしょうか?

結論から言いますと
塩は塩気をきちんと感じるくらい摂って問題ないです。
むしろ、塩は人間が生きていく上で必要不可欠なもの。
塩を摂取できていないと貧血、冷え性、低体温、便秘症になりやすくなります

でもどうしてそんな塩がいつのまにか目の敵にされてしまったのか?

その答えは肉食にあります。
肉はナトリウムのかたまりでお塩もまた、ナトリウムでできています。
ナトリウムは血中濃度を上げる作用がとても強いので
肉を食べたからだに塩が加わると、炎症を起こしてトラブルになりやすいのです

なのでお肉を極力食べないようにする工夫は必要ですが
塩自体に害はありません。

塩はエネルギーの源です!!
良い塩を摂るとからだが元氣になり、気持ちも前向きになります

食は生活の基本です。
ぜひ良い塩で良い生活を♪

本日も皆さまが健やかでいれますように。

 

 

まんぷくむすびは、東京都新宿区、渋谷区、千代田区、品川区、目黒区など、23区を中心に、

24時間、美味しいおむすび、美味しいお弁当をお届け・宅配します!

更なる皆さまの楽しい食事のひと時を、朝食、ランチ、夕方の食事はもちろん、

会議やセミナーのときでもお手伝い・お役立致します!

朝食、夜食、ランチ、会議、各種イベントなど、美味しいおむすび食べて、元氣な日々を過ごしましょう(^_^)/